消しゴムBlog

ようこそ!「消しゴムBlog」へ

Ordinary People

普通であることの勇気を持とう

「バレンタインデー」男性意見ー理想のチョコとNGチョコ

毎年1月の中旬を過ぎると、ちょっとそわそわしてきます。チョコがこれでもか!というくらいに街中で目にするようになる。そうなると男としては「バレンタインデー」を嫌でも意識します。

もう私はとうの昔に学生時代を終えてしまった30半ばの男ですが、学生時代は色々とチョコを貰いました。そんな訳で今振り返って、男性目線で、嬉しい理想のチョコの暮れ方とちょっと・・・というチョコのパターンをまとめてみました。

*渡す相手との距離によって状況は異なりますので、その辺も含めて書いてます。

 

f:id:keshigomu-kk:20160111020654j:plain

 

理想パターン

渡し方:本人からの手渡し

チョコ:少し高級なチョコ

告白:その場で

オーソドックスだと思いますが、これが一番だと思います。でも学生時代を振り替えると中々無かったと思います。特に学生時代は本人ではなく友人が代わりに持ってくるというのが多かった。どんなに恥ずかしくても、相手が自分の事をあまり知らないかもって思っても本人が渡してくれる事が一番嬉しいものです。

そして、チョコですが、あまり高いチョコでなくてもいいと思います。男はチョコのメーカーなんで「GOVIVA」くらいしか知らないし、ぶっちゃけ「チョコ」の良し悪しなんてよく判ってない。包装がかわいいかとかちょっと洒落てるかでいいのです。

さらに、告白ですが、これも堂々とチョコを渡した時にするのが良いですよ。「好き」だと言われて、嫌な気はしません。それはハードルが高いという人は手紙を渡すのがベターだと思いますが、本人の告白よりも効果は弱いと思います。

 

最初に相手との距離感によって違うと書きましたが、上記のスタイルは、どんな距離感の相手にも通じると思います。もともと親しい関係でも、全く知らない関係でもOKだと思います。まさに最強のオードドックスなのです。

f:id:keshigomu-kk:20160111215340j:plain

 

これはちょっと・・・というNGチョコ

次にこれは微妙だなーというNGチョコのパターンをいつか挙げてみます。

 

①友達が渡しにくる。

相手が恥ずかしいのかな?とは思いますが、本人が来ない時点であまり印象に残らないし、本人の好き度が伝わってこない。大体のパターンとして、その女の子をあまり知らないという事も多々あります。「相手が自分の事知らないかも?」という心配はあるかもしれないですが、その場合は尚更、本人が直接渡しに行くべきです。相手が仮に自分を知らなくのなら、そこから始めればいいだけの話です。

 

②あまり知らない相手からの手作りチョコ

手作りチョコに関しては、結構リスクがあると思います。1つはおいしく作れるか?という事と、ちゃんと食べてくれるか?という事です。すでに付き合っているとか、もうずっと友人関係の女の子が渡してくれるチョコならば、問題無いのですが、あまり知らない人からの手作りチョコは結構微妙なのです。どんなに腕に自信があってもプロの作った既製品には勝てないと思いますので、そこは販売しているチョコで良いかと思います。 *逆に付き合ってる場合は手作りは効果的だと思います。

 

③妙に大きいチョコ

渡された側としては、鞄とかにスッと入るくらいが理想なのですが、妙に大きくて鞄に入りにくいチョコがあります。大事にしたいとは思うのですが、箱の形によって入りづらい事があります。出来れば箱はスマートはものが良いと思います。はっきり言って量は必要ありませんから。

 

④友達がわんさか周囲にいる

女友達としては、応援したい気持ちもあるでしょうし、渡す女の子も不安なのかもしれませんが、渡される側としては1人の方が嬉しいですよ。

 

 

取りあえず、思いつく限りだとこんな感じです。

繰り返しになりますが、渡されて嫌だという事はまず無いので、正面突破が一番です。

 

 仮に残念な結果になったとしても、本人から貰った記憶は何十年経ってもずっと残っているものです。

 

では、またどこかで。

 

 

 ホワイトデーに関してはこちらもどうぞ。

keshigomu-kk.hatenablog.com

 

 

広告を非表示にする