読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

消しゴムBlog

ようこそ!「消しゴムBlog」へ

Ordinary People

普通であることの勇気を持とう

それ必要か?春から「ひとり暮らし」を始める社会人や大学生におススメの考え方

春からはじめて「ひとり暮らし」をする社会人や大学生に伝えたい事が色々あります。「ひとり暮らし」はとても「自由」です。今までにない自由度です。何をするタイミングも自分の好きに出来ます。しかし!その「自由度」に振り回されて気づけば「自堕落」な生活になっているものです。
私の反省を踏まえて「ひとり暮らし」をする上でのおススメの考え方を紹介します。
基本的にワンルームに住む人を想定しています。

 

f:id:keshigomu-kk:20160212175501j:plain

はじめにー自分を知る事

これから「ひとり暮らし」をしようという人で「Smart インテリア別冊簡単!部屋作りバイブル」みたいな本を読んでいる方は、ちょっと一旦閉じて欲しい。
お洒落な部屋にしたい気持ちは判るが、まず「自分がどんな人間なのか?」を思い返しして「どんな部屋にするべきか?」を考えてみましょう。

  • 部屋に何を求めているのか?(癒し・寝るだけ・お洒落空間など)
  • 家で仕事・勉強はするか?(デスクが必要か?)
  • お客はどの程度来るのか?(部屋に呼ぶ友人・恋人はいるか?)
  • 部屋のサイズを理解しているか?(家具を置いた上でリラックス出来るか?)

とりあえず、こんな感じで自問してみましょう。
その部屋は誰の為か?何の為にあるのかを考えてから家具や生活用品を揃えてみた方がいいです。

家事は本当に面倒

今まで実家暮らしをしていた人は「炊事・洗濯・掃除」の煩わしさが一気に判ります。しかも新社会人は働きながらにして家事をしなければいけないので大変です。
まず自分の仕事量と性格を考えて、どれくらい家事が出来るのか?を考えてみましう。仕事の忙しさによって変動してくると思いますので、かなり少なく見積もった方がいいです。
「最低でもコレくらいは出来るな?」程度に考えておいた方がいいです。

 

必要なものを精査する

まず生活するに当たって、いろいろ必要になるものがある。全て自分の好みで買ってしまえばいいので買い物も楽しいだろう。しかし、結局使わないでオブジェになってしまう事は結構あります。そうならない為に本当に必要か?を常に自問しましょう。

 

家電は必要最低限で揃えましょう

生活に必要な家電ですが「洗濯機・冷蔵庫・電子レンジ」くらいは必要だと思います。しかし次に考える事は「一番コンパクト」なもので十分という事です。

 

 

洗濯機は恐らく休日にしか回さないと思います。大きい方が洗濯を貯められると思うかもしれないですが、そんなのは2回に分けて洗濯すればいいのです。

次に冷蔵庫ですが、無駄に大きいと色々買って入れてしまいます。そして腐らせてしまうだけです。さらに冷蔵庫は扉の開く方向によって置く位置が重要になります。とりあえず置く場所はちゃんと決めた上で冷蔵庫を買いましょう。

電子レンジも暖める機能があれば十分です。それ以外の機能は使いません。大事なのはコンビニの弁当が入るか?どうかです。安過ぎると小さくて入らないという悲劇があるので、下調べは重要です。

 

本当に必要か?検討する家電

シャープ 電子レンジ 50Hz 東日本地域専用 ホワイト RE-T2-W5

次に本当に必要なのか?を考えた方がいい家電ですが「炊飯器・トースター・掃除機・テレビ」です。

これらは一見必要とおもいがちですが、無くても生活はできます。自分の生活を考えて「必要」と感じれば買えばいいものです。

 

炊飯器はご飯を炊くか?どうか?です。
自分でどれくらいの頻度で炊くのか?を考えてみて下さい。

その辺を考えないと炊飯器のご飯はよく腐らせてしまいます。
たまにしか自炊のしない人はレンジでチンする「サトウのごはん」とかでも十分ですし、鍋でもご飯は炊けます。(ちょっとコツは入りますが)

 

トースターはパンを焼くくらいしか使いません。パンを食べない人はまず使わないのではないかと思います。パン好きなら買えばいいです。

 

掃除機も掃除をする時に便利だと思われますが、場所を取る上に狭いところではあまり役に立ちません。私としてはワンルームならハンディタイプでも十分です。フローリングなら雑巾で拭けばいいのです。

VERSOS  Wet&DryコードレスハンディクリーナーPico VS-6003

 

 

 

テレビは家でどれだけ見るか?によります。私は絶対欲しいタイプの人間ですが、
自分は家でテレビを見るだろうか?と考えて下さい。ネットで十分という人もいると思います。

自分の部屋の大きさを考えて買いましょう。電気屋さんで見るよりも部屋に置くととても大きく感じるものです。 

 

食器は一人分あればいい

食器は基本的に一人分あればいいです。さらにいろいろ自炊するかもしれませんが、大きめの皿があれば大抵はなんとかなります。色々食器を買っても洗うのが面倒になるだけなので、大きめの皿を何枚か用意すればOKです。どうしても必要なら後から買えばいいのです。

 

ベッドは必要か?

私が一人暮らしをしていて一番厄介だったのが「ベッド」の存在です。恐らくワンルームであれば一番場所を取ります。確かに布団であればいちいち敷かないといけないのですぐに寝る事ができるベッドは便利です。でも起きてしまえば確実に邪魔なのです。それに不衛生です。

私はひとり暮らしをしていて、ベッドを捨てようと何度も思いました。しかし当時は彼女が買ってくれたものだったのでどうしても捨てられなかったのです。

朝一の習慣として組み込めば出来ると思います。

これもベッドを買うのは後でも出来るのです。布団をどこにしまえば?と心配かもしれませんが、最近は布団タンスというものもあります。

 

布団タンス

 

デスクは必要か?

これはどれくらい家で仕事や課題などをするか?によります。ローテーブルは、コンパクトですが、はっきり言ってある程度ちゃんとしたデスクが無いとはかどらないです。
これは部屋の中のスペースを大きく変えてしまうので、自分でよく考えた方がいいです。ポイントとしては、椅子をちょっとコンパクトにする事でしょうか。

もしくはいっその事、ファミレス、カフェ、図書館にパソコンを持っていくという感が方もあります。家には仕事を持ち込まないという主義の人もいますから。

 

f:id:keshigomu-kk:20160219170502j:plain

もし、買うならばデスクはなるべくシンプルで、多少高くてもしっかりしたものを買った方がいいです。長く使うものですし、安くてグラグラするものは集中できなくなってしまいます。写真は無印良品のデスクです。 

 

私服は少なく仕事着は多めに

 洗濯機のところでも書きましたが、社会人となれば休日くらいしか洗濯は出来ないと思います。そこで必要になってくるが仕事着(スーツ)です。スーツは2〜3着は必要です。さらにシャツや靴下などは毎日変えるので5パターンは必要になってきます。
クローゼットはそんなに大きくないだろうから、必然的に私服の入る余地が少なくなってくる。
休日しか私服は着ないかもしれない。とは言ってもお洒落が好きな人もいると思うので、社会人になってお金に余裕があれば好きな服は買えばいいと思う。ただしスペースを確保するのが大変ですよ!という事です。

 

自炊は本当にやれる時だけに

外食ばかりだと「お金が掛かったり」とか「栄養が偏ったり」とかを心配するかもしれませんが、よっぽどちゃんと考えて料理していていないと、外食とたいして変わりません。コンビニやスーパーで総菜を考えて買った方が経済的だったりします。
自分がどれだけ料理が出来るか?を考えて自炊はした方がいいです。

 

普段の生活について

掃除はまめにする

掃除は常にしていた方がいい。洗濯と違ってまとめてやると疲れてしまうし、やる気が無くなってしまう。特にトイレや風呂は気がついたらちょっと磨くくらいにしておいてもいい。そうしないと貴重な休日が掃除と洗濯で終わってしまうかもしれない。 

 

休日の予定はある程度決めておく

せっかくの休みなのでゆっくりしたい気持ちは十分わかります。しかし、特に予定も決めずにぼうっとテレビやネットサーフィンをしていると無意味に時間が過ぎていくだけです。
なので、ある程度の予定は決めておきましょう。社会人の人は、休みの日にしか済ませられない用事もあると思います。最低限コレはするという事を決めておいた方がいいです。

疲れてなにもしたくない時は「なにもしない1日もしくは半日」をスケジュールとして入れておけば罪悪感はなくなります。

 

 

 まとめ

  • 必要なものかどうかは少し生活してから買うようにする。
  • 家事などは自分の出来る範囲を見極める。
  • 生活スケジュールを管理して「休養」も予定に入れる。

 

そんな感じです。
とはいえ断言してもいいですが、うまくは行かないと思います。必ず一度は自堕落な生活を送ってしまう事でしょう。
そんな時は、腐らずに1つずつできる事から正していけば良いのです。

 

 

 

では、またどこかで。