消しゴムBlog

ようこそ!「消しゴムBlog」へ

Ordinary People

普通であることの勇気を持とう

おしゃれで爽快!映画「キングスマン」はデートにおススメです。

映画「キングスマン」を見ました。
とてもおしゃれでかっこいい映画ですよ。おススメです。
残念なのはジャケットのデザインだけです。

キングスマン(字幕版)

 【映画情報】

 タイトル:キングスマン
監督:マシュー・ヴォーン
出演:コリン・ファース、タロン・エガートンサミュエル・L・ジャクソン
日本公開:2015年9月
上映時間:129分
DVDレンタル:リリースされてます。 

 

軽快でわかりやすい展開

ストーリーはほんとにわかりやすい。スパイアクション映画です。紳士なスパイの活躍とその後継者候補になった若者が物語の主軸になっています。敵役もその狙いもとても判り易く、この悪の計画を潰すというのが大筋です。こんなにわかりやすいので「え?どういう事?」なんて思う瞬間がありません。そんな一見べたな大筋を飽きる事なく展開させている監督の演出が見事です。重すぎず、軽すぎず、笑えて、爽快になる映画です。

 

お洒落なアクションと音楽

この映画の見所になるのは「おしゃれなアクション」です。ただのアクションではなく、どこかお洒落なのです。これは観た人にしかわからないですが、見ていて楽しくなるアクションなのです。しかも全編盛りだくさんに詰まっています。そして、このマシュー・ヴォーン監督はほんとに音楽のセンスがあります。これが無味乾燥な戦闘シーンをわくわく楽しめるものにしています。この映画が気に入った人は彼の前作の「キック・アス」も見て欲しいです。

 

ノリノリの俳優陣

この映画の俳優陣は皆すばらしいですね。見事にこの映画にハマっています。主役のコリン・ファースは、紳士の振る舞いと軽快なアクションが最高にかっこいいです。新人のタロン・エガートンもとても新人とは思えない見事な演技です。若い女の子は好きかもしれません。そして、悪役のサミュエル・L・ジャクソンも見事です!出て来ると圧倒的な存在感であるにもかかわらず、良い意味で重厚感をこの映画では消しています。その他にも出てくるキャストは皆、個性的で面白いです。

 

宣伝ミスってないだろうか?

私の個人的な印象ですが、この映画のポスターを見た時は何の期待感もなかったです。前作の「キック・アス」の評価が上々だったとはいえ、特に面白みを感じなかったのです。あまりにもありきたりのポスターだったからです。上記のジャケットがそうです。この映画は大筋こそはスパイもののよくある部類の物語かもしれないですが、それらとはひと味もふた味も違うのです。そのあたりをもう少し色濃く出してもよかったと思いました。と言っても海外版のポスターもそこまでぱっとしてない印象なので、この映画は宣伝が難しいタイプの映画かもしれないですね。
私も実際、口コミで見ようと思った人間ですし、これからも残ってくれる映画だと思います。

本編を見た後に予告編を見返すと、その盛りだくさんな内容が判るのだが見る前だとちょっとパンチが足りない気がしました。


『キングスマン』予告編

 

部屋デートには向いてる映画です

もしカップルで「部屋で映画でもみようか?」なんて思っている人がいたら、この映画はおススメです。
私は基本的に映画は一人で見る人間なので、そういう展開の時は結構困ります。
自分だけの趣味で映画を選んでしまうと、相手はつまらないかもしれないし、かといって超大作を選ぶのもつなんないしなーと考えてしまうのです。
その点「キングスマン」はちょうど良いです。
単純なアクションものだと「男の子向け」って感じになるかもしれないですが、これは普段アクションを選ばない女性でも楽しめると思います。
見た後で「なんなの?この映画!」みたいに揉める事は少ないと思いますよ。たぶん。

 

 

 

では、またどこかで。