消しゴムBlog

ようこそ!「消しゴムBlog」へ

Ordinary People

普通であることの勇気を持とう

映画「凶悪」は本当に凶悪だから気をつけろ!

日本映画で最高に凶悪な映画「凶悪」を観ました。
本当に凶悪なやつらが凶悪な事をしているので気を付けて観ましょうね。

凶悪

 【映画情報】

監督:白石和彌(しらいしかずや)

原作:「凶悪ーある死刑囚の告発」(新潮文庫

出演:山田孝之ピエール瀧リリー・フランキー

公開:2013年9月

上映時間:128分


映画『凶悪』予告編

 

 

白石和彌監督の出世作

6月25日に公開を控えている「日本で一番悪い奴ら」(綾野剛主演)の白石和彌監督の出世作です。「日本で一番悪い奴ら」を観ようかなと考えている人は観ておいた方がいいかもしれない。もし迷っている人がいたらこの「凶悪」を観て判断してもいいと思います。

はっきり言って描写はかなりエグいです。半端なくやりきっている感じがします。しかし、スプラッター映画というわけではなく人間的な怖さが描かれています。

こんなにひどい事が出来るのか?と思わず目を背けたくなりますが、ここまで力強く人間の醜い部分を描ききる事ができる監督は日本にはそういないと思います。

6月公開の「日本で一番悪い奴ら」はとても期待できると思います。

映画『日本で一番悪い奴ら』 | 2016.6.25

 

 

簡単なあらすじ

雑誌の編集者をしている藤井(山田孝之)の元に死刑囚である須藤(ピエール瀧)から手紙が届く。藤井は須藤に会いにいくと「自分は死刑で仕方ないが、どうしても許せない男がいる。そいつの罪を暴いてほしい」と相談される。その男はかつて須藤が「先生」と慕っていた木村(リリー・フランキー)という男だった。藤井は半信半疑のまま取材を進めていくのだが・・・・

 

構成としては「須藤・木村の過去」と「現在の藤井の取材」が同時に進んでいきます。この構成の仕方がとても上手く、後半になるとほんとに凶悪さが際立ってきます。そして藤井も取材にどんどん取り付かれていきます。

 

 

 

人間の残酷さを見事に描いている

この写真は人を始末した後にいっぷくしているところです。木村役のリリー・フランキーの笑顔がなんとも不気味です。

f:id:keshigomu-kk:20160509110701j:plain

http://eiga.com/movie/77879/gallery/3/

 

この映画の魅力は人間の凶悪さを思いきり描いている事。タイトルに嘘偽りはまったくありません。最初にも書きましたがスプラッターというわけではなく人間の本質的な怖さが描かれています。

特にリリー・フランキー演じる木村という人間は、人を人とも思わない男です。他人が苦しんでいる姿を見て、ものすごく喜んでいます。

同じ人間として、自分にもこんな一面が潜んでいるかもしれないとゾッとしてしまいます。

そして、リリー・フランキーの右腕として次々に人殺しをする須藤もとても残忍です。多分殺しすぎて感覚が麻痺しているのだと思います。
このピエール瀧の芝居が素晴らしいところは、ちゃんと悪い事だと判断した上で行っているように見える点です。
 

 

変化していく三者。もう一押し!

取材を重ねていくにつれて変わっていく藤井(山田孝之)。池脇千鶴との冷めた家庭もあとになって重たくなってきます。

f:id:keshigomu-kk:20160509110801j:plain

http://eiga.com/movie/77879/gallery/2/

 

物語が進むにつれて現在時制の3者(山田・ピエール・リリー)が徐々に変化して行きます。あまり具体的に書くとネタバレになってしまうので書かないですが、これはこの映画の素晴らしい点だと思っています。

とくにピエール瀧山田孝之の変わり方を見ていると目が離せなくなります。

しかし、私としてはクライマックスにかけての藤井(山田孝之)の変化はもっとわかりやすく変わっていってもよかったのではないか?と、そしてさらにもっと変わっていって欲しかったなと思っています。その点でもう一押しが足りなかったかなと。

くわしくは本編でご確認下さい。 

 

 

こんな人にオススメ

社会派の映画が好きな人は是非オススメです。さらに意外とカップルで見てもいいかもしれないです。

実はこの映画はけっこう女性が見ているのです。(私の周囲だけかもですが)
たしかにキャストは人気があるので女性も見るかもなーと思ってたのですが、それでも想像以上でした。

多分怖いものみたさという事があると思います。
「これすごく怖いよ」と口コミになってたので。映画自体の構成が面白いので怖くても見てられるんだと思います。 

 

 

まとめ

「凶悪」さがほんとに描かれている映画でした。

おそらく6月公開の「日本で一番悪い奴ら」はここまではエグくはないかなと予想していますが、ぶっ飛んでるとは思います。白石和彌監督を予習する意味でご覧になってもいいかと思います。

 

人気の綾野剛主演なので、女性客はけっこう見ると思います。


映画『日本で一番悪い奴ら』予告編

 

 

では、またどこかで。

 

 

 

ヤバイ奴と言えばこんな映画もあります。

 

keshigomu-kk.hatenablog.com

 

keshigomu-kk.hatenablog.com