消しゴムBlog

ようこそ!「消しゴムBlog」へ

Ordinary People

普通であることの勇気を持とう

楽しみにしている2016年6月公開の映画を5本ピックアップしました。

もうすぐ6月なので観たい映画をピックアップしました。

公開予定順で紹介します。

1 6/3公開 「サウスポー」

監督:アントワン・フークワ  主演:ジェイク・ギレンホール

f:id:keshigomu-kk:20160524162916j:plain

http://eiga.com/movie/82023/photo/

 

主演がジェイク・ギレンホール、監督がアントワン・フークワという時点で観たい!と思った映画です。

挫折したボクサーが復活するという物語のようですが、どんなドラマが詰まっているのか楽しみです。 

宣伝では「感動作!」と煽っておりますが、この監督とこの俳優でそのまで王道の感動作になってるのだろうかとちょっと疑問もあります。

 

映画『サウスポー』オフィシャルサイト

 


ジェイク・ギレンホール驚異の肉体改造!『サウスポー』予告編

あんまり期待値はあげない方がいいかもしれないですね。

【追記】

観てきました。

keshigomu-kk.hatenablog.com

 

ジェイク・ギレンホールの「ナイトクロラー」もオススメです。

keshigomu-kk.hatenablog.com

 

 

 

2 6/11公開 「64ロクヨン 後編」

監督:瀬々敬久  主演:佐藤浩市

f:id:keshigomu-kk:20160524163442j:plain

http://eiga.com/movie/81855/photo/

 

こちらは前編を観てしまったので、もう観るしかないという映画です。あの前編の終わり方をされると後半は外せないですね。

後編は今までの謎や伏線が回収される事を期待しております。

さらにラストが原作と違っているとの部分もどんな風になっているのか気になります。

  

映画『64‐ロクヨン‐前編/後編』公式サイト

 

前編に関してくわしく紹介してます。

keshigomu-kk.hatenablog.com

 

 

 

3 6/11公開「シチズンフォー スノーデンの暴露」

監督:ローラ・ポイトラス

f:id:keshigomu-kk:20160524163808j:plain

http://eiga.com/movie/81884/photo/

アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞という事で期待しています。

いったい私たちの日常はどこまで監視されているのか?気になります。

 

しかし!

上映する映画館がやっぱり少ないです。ちゃんと公開期間中に見に行けるのか不安!
もう少し増やしてくれないものか。

 

現在スノーデン関連の本を読んで予習しているところです。

スノーデンファイル 地球上で最も追われている男の真実

 

 

映画「シチズンフォー スノーデンの暴露」公式サイト

 


映画『シチズンフォー スノーデンの暴露』予告編

 

 

 

4 6/18「クリーピー 偽りの隣人」

監督:黒沢 清  主演:西島秀俊

f:id:keshigomu-kk:20160524165437j:plain

http://eiga.com/movie/82611/photo/

ホラーです。

黒沢清といえばホラーです。ただ単純なホラーで終わらないところがこの魅力的です。

しかしながら宣伝的に苦戦している感がうかがえます。
予告編からしてちょっと滑ってますからね。
でもこの前見た「岸辺の旅」はほんとによかったので期待してます。

 

映画『クリーピー 偽りの隣人』公式サイト | 2016年6月18日(土) 全国ロードショー

 


『クリーピー 偽りの隣人』予告編

 

「岸辺の旅」について書いてます。

keshigomu-kk.hatenablog.com

 

 

5 6/25「日本でいちばん悪いやつ」

監督:白石和彌  主演:綾野 剛

f:id:keshigomu-kk:20160524170937j:plain

 http://eiga.com/movie/83740/photo/

 

 前作「凶悪」ではほんとうに凶悪な映画を見せてくれた白石監督の最新作です。

タイトルの通り、いったいどんな悪い奴らが登場するのか楽しみです。

 

映画『日本で一番悪い奴ら』 | 2016.6.25

 


映画『日本で一番悪い奴ら』予告編

 

 

前作「凶悪」に関しての記事です。

keshigomu-kk.hatenablog.com

 

 

まとめ

6月の映画を紹介しましたが、5月の最終週には「ヒメアノ〜ル」と「若葉のころ」も
あります。

そして、ここで紹介した映画以外にも6月はたくさんの注目作があります。
とりあえず私はこれらを全部見れるようにスケジュールを組むつもりです。

 

 

 

 

では、またどこかで。