消しゴムBlog

ようこそ!「消しゴムBlog」へ

Ordinary People

普通であることの勇気を持とう

映画「サウスポー」ちょっと雑なところが多々あるけど、感動はします。

映画「サウスポー」を観ました。

残念な意味で予想を裏切ってくれない映画でした。
もうちょっとサプライズが欲しかったです。

f:id:keshigomu-kk:20160524162916j:plain

【映画情報】

タイトル:「サウスポー」

監督:アントワン・フークワ

出演:ジェイク・ギレンホールフォレスト・ウィテカーレイチェル・マクアダムス

日本公開:2016年6月3日

上映時間:124分

 

簡単なあらすじ

ビリー・ホープ(ジェイク・ギレンホール)は無敗の世界チャンピオン。とても気性の荒い男だが妻のモーリーン(レイチェル・マクアダムス)には頭が上がらなかった。ビリーは自分の拳ひとつでのし上がってきたが、モーリーンは毎回派手に打たせるファイトスタイルと心配していた。

ある夜。ビリーは妻とパーティに出席していたが1人のボクサーとケンカになる。お互いの取り巻き同士も絡んでの大乱闘になってしまい、ついには誰かが銃を手に取り発砲してしまう。不運な事に流れ弾が妻に当たってそのまま亡くなってしまうのだった。

突然妻を亡くしたビリーはチャンピオンからも陥落し、あるトラブルから娘とも暮らせなくなってしまう・・・

全てを失ったビリーの愛を取り戻す物語がはじまるのだった。

 


ジェイク・ギレンホール驚異の肉体改造!『サウスポー』予告編

 

良い意味でも悪い意味でも、予告編の通りの内容となっております。
意地悪な言い方をすれば予告編を見れば大体わかってしまいます。
「詳しくは本編で」という感じです。

 

ベタなテーマに外れ無し

傲慢がチャンピオンが全てを失って生き方を見つめ直して再生する物語。
文句のつけようがないくらいベタです。

だからこそ監督の手腕が問われるとは思いますが、さすがフークワ監督はちゃんと感動するようにもっていってくれます。
見ている人が「多分こうなるだろうなぁ」と思っている方向に持っていってくれるので安心して見ていられます。「どういう事?」とはならないです。

ただ感動の深さは個人差があると思います。ベタでわかりやすい展開が好みの人にはおススメかと思います。

 

娘と離されるのは鉄板ネタ

個人的には「父親と娘」のシーンがとても良かったです。これもベタな展開ではありますが、娘がいる父親としては嫌でも感情移入してしまいます。

リングの上では暴れているのに、娘の前ではダメな父親になってしまうところなんかは好きですね。

 

フォレスト・ウィテカ―が絶妙

ビリーを再生させるトレーナー役のフォレスト・ウィテカーの芝居はとても渋くて絶妙な存在感でした。彼じゃなければこの映画は成立していないかもしれないです。

この映画で一番伝えるべき事を彼が芝居で伝えているように感じました。

 

f:id:keshigomu-kk:20160604021622j:plain

http://eiga.com/movie/82023/gallery/2/

 

もっと丁寧に描いて欲しかった

個人的には雑なだなぁと思ったところが多々ありました。
基本的にスートリ―自体はわかりやすいので感情的なところはもう少し丁寧に描いてくれた方がもっと良くなったのでは?と思います。

例えば妻のモーリーンはボクサーである主人の事をとても心配して大事な事は全て彼女が判断するという、とても出来た人間です。しかし見た目がちょっとアバズレ感があってそういう風になかなか見れないのです。ボクサーの妻という判りやすいビジュアルにしたのかもしれませんが、中身を描き切る丁寧さがなかったと思います。

その他にも「なんで急に?」と思ってしまう箇所が幾つかありました。
もう少し気持ちの変化を丁寧に描いて欲しかったです。

 

こんな人にオススメ

ベタな話が好きな人にはオススメしたいです。
デートで見てもいいと思います。ただしちょっと映画通な女子には辛口コメントされるかもしれないので、ご注意ください。
あとボクシングが好きな人にもオススメかと思います。
監督が元ボクサーというだけあってボクシングのシーンは凝ってました。

 

 

まとめ

ちょっと雑なところはありますが、感動できる映画にはなっています。
たぶん監督のボクシング熱が強すぎて、偏ってしまったのかもしれないですね。
サウスポーの意味はおそらく人生をスイッチ(変える)するという意味と掛っていると思うのですが伝わりにくかったですね。

 

その辺はボクシング漫画を読んでいると判るかと思います。私は漫画「はじめの一歩」が好きなのでわかりました。ちなみにコミック87~88巻あたりに構えをスイッチするボクサーが登場するので興味がある方は読んでみて下さい。

 

 

 

では、またどこかで。

 

 

こんな記事も書いてます。

keshigomu-kk.hatenablog.com

 

keshigomu-kk.hatenablog.com

 

keshigomu-kk.hatenablog.com