読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

消しゴムBlog

ようこそ!「消しゴムBlog」へ

Ordinary People

普通であることの勇気を持とう

動物&サスペンス好きにオススメの小説「ペンギンを愛した容疑者」漫画みたいにさらっと読めますよ。【小説】

本・漫画

ひとあじ違った警察ものです。
動物が好きで且つサスペンスが好きな人には是非オススメのシリーズです。 

ペンギンを愛した容疑者 警視庁総務部動植物管理係

【本の情報】

タイトル:ペンギンを愛した容疑者 警視庁総務部動植物管理課 

作者:大倉崇裕

出版社:講談社

発売日:2015年11月11日

 

大倉崇裕さんの小説は「福家警部補シリーズ」が過去にドラマ化されているので、そちらを知っている人は多いかと思います。

 

 

内容紹介

「人間の視点では、この謎は解けません」
ペンギン屋敷の溺死体! 秘められた”殺意の証拠”をアニマル推理で解き明かせ! 警視庁「いきものがかり」の名(迷)コンビが大活躍!!
強面の窓際警部補・須藤友三(すどう・ともぞう)と動物オタクの女性巡査・薄圭子(うすき・けいこ)の名コンビが、動物にまつわるさまざまな難事件を解決する、大人気「コミカル・アニマル・ミステリー」シリーズです。登場する動物はペンギン、ヤギ、サル、そして最も賢い鳥と言われるヨウム(オウムではないことに注目!)です。
警視庁の「いきものがかり」というべき、総務部動植物管理係のコンビの活躍を楽しめる4つの短編を収録した傑作集です。(amazonより引用)

 

 この2人だけの部署は容疑者が取り調べなどを受けている間に容疑者の飼っているペットの世話をするという特殊な部署です。
容疑者以外は誰も世話をする人間が居なかったりする状況の際に代わりに預かる事が仕事です。
ところが動物の世話をする為に現場に行ってみると、動物がきっかけで事件が予想外の方向に進んでいく、そして真犯人にたどり着くというのが大体のパターンですね。

 

シリーズです。

これの前に2冊発売されています。私の好きなシリーズです。

 

最初に出たのがこちら

小鳥を愛した容疑者 (講談社文庫)

小鳥を愛した容疑者 (講談社文庫)

 

 

そして次に出たのが

 

基本的に短編なのですが2冊目の「蜂に魅かれた容疑者」の方は長編です。
短編はさくっと読めてお手軽なのですが、長編になっても凄く凝った内容になっているのでこちらもオススメです。

一応少しづつ状況が変わってくるので最初から読むとわかりやすいです。
でもどれから読んでも小説の内容は十分わかるし、楽しめると思います。

私も最初に「蜂に魅かれた容疑者」を読んでしまったのですが、全然大丈夫でした。

 

 

動物&サスペンス

この小説が面白いのは動物ネタとサスペンスが見事に組み合わせているところです。
動物についての知識を知る事ができるし、その事がきっかけで真相が判ってくるというのがとても引き付けられるところです。


読んでいて「へーそうなんだー!」と思う事は多々あります。
例えば「ペンギン」は必ずしも寒い環境で飼うわけではなかい。とか「ヤギ」は好んで紙を食べるわけではないとか、知らないことを知れます。

この小説書く為に調べすの大変なんじゃないかな?と心配していまいます。
そして、事件のトリックなどは全然難しい事はなくて簡単に読めてしまいます。

 

 

個性的なキャラクター

主役の2人はとても面白いキャラクターをしています。 

薄圭子(うすきけいこ)は動物のスペシャリストですが、天然ボケで、日本語に弱く、人間よりも動物を重視するという一面があります。

そして上司の須藤友三(すどうともぞう)は元刑事で、情に厚く、昔かたぎな男です。この2人の会話は時には漫才のように笑わせてくれるます。そして事件解決の時には息の合った名コンビとなるのです。

すごくキャラが立っているのでいつかドラマ化でもして欲しいなぁと期待しています。

 

 

まとめ

すごくライトな小説なので、簡単に読めてしまいます。
あまり重厚な小説が苦手な人にはぴったりかもしれないです。

動物が好きな人は読むといろんな習性をしれたり少し考えさせらる部分(人間のエゴについて)もあるのでオススメです。 

 

 

 

 では、またどこかで。

 

 

 

こんな記事も書いてます。

keshigomu-kk.hatenablog.com

 

keshigomu-kk.hatenablog.com