読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

消しゴムBlog

ようこそ!「消しゴムBlog」へ

Ordinary People

普通であることの勇気を持とう

映画「共犯」意味不明な青春のこころを難解にみせてしまった映画

映画「共犯」をDVDで観ました。

台湾の映画です。

共犯 [DVD]

【映画情報】

タイトル:共犯

監督:チャン・ロンジー

出演:ウー・チエンホー、チェン・カイユアン、トン・ユィカイ

日本公開:2015年7月

上映時間:89分

 

 

簡単なあらすじ

女子高生の変死体を発見した3人の男子生徒が、彼女の死の真相を突き止めようと奔走する姿を描いた台湾発の青春ミステリードラマ。高校生のホアン、リン、イエは、同じ学校に通う女子生徒シャーが通学途中で変死しているのを見つける。それまでほとんど面識のなかった3人だが、 それそれの理由からシャーが死んだ理由を調べはじめ、3人の間には友情が芽生えていく。シャーが内緒でつけていた日記に手がかりがあるのではないかと考えた3人は、日記を探しに彼女の部屋へ忍び込むが・・(引用:映画.com) 


映画『共犯』予告編

  

あらすじや予告などからは「青春ミステリー」かと思っていたけど実際にはちょっと違った印象です。ミステリーなのは主人公たちの「心」でした。

 

正直なんでそんな事するの?と思ってしまう。

 

理由なんて説明できないのが青春だろ?って事なのか?
だったら、そういう描き方があると思うのです。

 

映像がきれいな事と出演している俳優陣がよかったので、なんとか最後まで観れました。

 

 

思春期の感情はよくわからない

f:id:keshigomu-kk:20160719141013j:plain

http://eiga.com/movie/81139/gallery/3/

 

映画では「理解できない感情」を描く事はよくあります。

個人的にはそれは映画の醍醐味だと思っています。スポンサーが絡むTVではなかなか描けない事だと思います。

例えば、「どうしようもなく誰かを好きになる事」や「理由もなく人を殺したくなる事」なんてのがそれに当たると思います。

 

この映画のテーマはそれに近い部分があると思います。青春時代には大人になってからは理解できない感情が存在しています。それは言葉ではなかなか説明できない事です。

だからと言って「映画を観た人が理解できない」となってはいけないと思います。

 

「理解できない事」は「それは理解できない」とはっきり描く必要があります。
観ている人が理解できないと感じるてしまうと、その映画自体が意味不明なものになってしまうのです。

なので、映画の中で「それは理解できない」と誰かが証明すべきだと思います。

例えば「快楽殺人者」を誰かが「理解できない!」みたいな事です。

 

この映画においては大人の存在が必要だったのではないかと思います。主人公たちの瑞々しい描写はなかなか美しいのですが、どうしてもついていけない部分が多いのです。それを咎めたり、批判したりする大人の立場の人間がいて初めて彼らの行動が際立ってくるのではないのかと思います。

多分、同年代の人が見てもなかなか共感しづらい描写になってしまっていると思います。これがすごく残念なところでした。

 

 

 

 

美しい映像と若々しい俳優陣

この映画の救われた点は上記の2点だったと思います。これが無かったらもう最悪でしたよ。

美しい映像と言っても特別アート的な映像ではなく、青春時代を象徴するような若さを感じる映像でした。

 

そしてこの若々しい俳優陣の芝居はみんな良かったです。

まさに等身大の高校生という印象を受けました。特に女の子はみんなきれいなんですよね。

f:id:keshigomu-kk:20160719140750j:plain

http://eiga.com/movie/81139/gallery/

  

 

 

 

まとめ

台湾映画を全然知らないですが、映像重視で脚本が雑な傾向があるのでしょうか。

今年公開の「若葉のころ」もそんな評判を目にします。

machinaka.hatenablog.com

 

映像や俳優陣はとても良いので、脚本が少しでも良くなれば一気に面白くなるのではないか?と期待しています。

 

 

 

 

 

 では、またどこかで。

 

 

 

 

 

こんな記事も書いています。

 

keshigomu-kk.hatenablog.com

 

 

keshigomu-kk.hatenablog.com

 

 

keshigomu-kk.hatenablog.com