読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

消しゴムBlog

ようこそ!「消しゴムBlog」へ

Ordinary People

普通であることの勇気を持とう

海外ドラマ「ファーゴ」緩急のつけ方がハンパない。まとまった時間で一気に観てください。

映画・ドラマ

海外ドラマ「ファーゴ」を観ました。

 

f:id:keshigomu-kk:20160802181633j:plain

【ドラマ情報】

タイトル:ファーゴ

出演:マーティン・フリーマン、ビリー・ボブ・ソーントーン

備考:全10話

 

 

 

簡単なあらすじ

2006年1月、ローン・マルヴォ(ビリー・ボブ・ソーントン)はミネソタ州ベミジーを通りがかり、レスター・ナイガード(マーティン・フリーマン)をはじめとする地元の人々を殺人事件に巻き込む。警察副署長のモリー・ソルヴァーソン(アリソン・トルマン英語版)とミネソタ州ダルース警察の警官ガス・グリムリー(コリン・ハンクス)は協力して事件の解決に当たる。 (引用:Whikipedia)

 

 

「ファーゴ」と言えば1996年にコーエン兄弟が監督した名作を思い出す人が多いかと思います。このドラマは映画に着想を得た物語です。コーエン兄弟はプロデューサーを務めております。

 

映画版の雰囲気をそのままドラマにしたような印象ですが、映画を知らなくても別の話なので全然大丈夫です。

でも映画版「ファーゴ」が好きな人は絶対好きになると思います。

 

 

どうしようもなく最悪な2人

f:id:keshigomu-kk:20160802180153j:plain

 主役はこの2人というわけではないです。

 

このドラマの主役は誰か?と決めるのはとても難しいです。
群像劇のように進行していきます。

ジャケットにも写っているので、私はてっきりこの2人が活躍するのだと思っていました。

 

この2人はどうしようもないです。

 

左のマーティン・フリーマンは最初は小心者なのですが、物語が進むにつれてどんどん変貌していきます。とてもダメな人間らしさがよく現れています。

 

一方右のビリー・ボブ・ソートーンですが、超人的な死神のような男です。
いったい何人殺すんだ?というくらいに殺しまくります。

 

 

緩急のつけ方が上手い 

何も起こりそうもない田舎の町は、雪だらけで平和な印象です。

そんな街でつぎつぎと殺人事件が起こるのです。事件を担当するのは田舎の警察なので大した手がかりもつかめずにフェードアウトになっていくのですが、そうなるとまた別のドラブルが発生します。

何かが起こる時に流れるアップテンポな音楽は、とても田舎には似つかわしくなく、何が起こるのか?とドキドキしてしまいます。

 

活躍するのはこの2人

f:id:keshigomu-kk:20160803152401j:plain

モリーソルバーソン役のアリソン・トールマン。

f:id:keshigomu-kk:20160803152421j:plain

 ガス・グレムリー役のコリン・ハンクス。

 

私はこの2人を最初に見たときは完全に脇役だなと思っていました。

どころが!この脇役のような2人がどんどん活躍していくのです。

後半の状況の変化にも驚きますよ!

 

 

まとめ

「ファーゴ」の雰囲気をキープしたまま見事に連続ドラマへと変化しています。

1話ごとの話の終わられせかたは「さすが海外ドラマ!」って感じで次々に見たくなってしまいます。

是非、まとまった時間を取って一気に観てください。

 

 

 

 

 

では、またどこかで。 

 

 

 

 

 

こんな記事も書いています。 

 

keshigomu-kk.hatenablog.com

 

 

keshigomu-kk.hatenablog.com

 

 

keshigomu-kk.hatenablog.com