読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

消しゴムBlog

ようこそ!「消しゴムBlog」へ

Ordinary People

普通であることの勇気を持とう

映画「インサイダーズ 内部者たち」2転3転する展開でかなり楽しめる。イ・ビョンホンがいい味出してます。

映画「インサイダーズ 内部者たち」をDVDで観ました。

けっこう面白いですよ。ジャケットデザインはもうちょっと凝るべきでしたね。

 

インサイダーズ/内部者たち [DVD]

 

【映画情報】

タイトル:インサイダーズ 内部者たち

監督:ウ・ミンホ

出演者:イ・ビョンホンチョ・スンウ

日本公開:2016年3月11日

上映時間:130分

 

 

簡単なあらすじ

財閥と政治家の癒着は巨大な腐敗権力を作り上げていた。その一連の流れを陰で
操るのが策士・ガンヒ(ペク・ユンシク)だ。ガンヒに雇われ様々な悪事を代行してきた
アン・サング(イ・ビョンホン)だったが、ある恐喝事件をしくじり失墜する。
一方、裏金事件を捜査していた検事ウ・ジャンフン(チョ・スンウ)は、裏金ファイルを
アン・サングが横取りしてしまったため、捜査は難航し打ち切りに。
コネや後ろ盾のない彼はすべての責任を負わされ左遷されてしまう。しかしウ・ジャンフンは
諦めきれず、チンピラに成り下がりながらも復讐を企てるアン・サング を追い、
一発逆転の"告発"を持ちかける。野望・復讐・正義―それぞれの思惑をはらんだ究極の頭脳戦の勝者は一体誰か?(引用:Amazon

 

最初はいろんな人物が一気に登場するので把握するのがちょっと大変です。

しかもあまり韓国映画に詳しくないのでどの人物が重要なのか?が判りにくかったです。

 

上記のあらすじにある「ガンヒ」という人物は重要ですよ。イ・ビョンホンが「兄貴」と慕っている新聞社の人物です。あまり凄みを感じなかったので大した事ないのかと思っていたらすごく重要だった。

 


『インサイダーズ/内部者たち』映画オリジナル予告編

 

タッグを組むまでがちょっと長い

f:id:keshigomu-kk:20160913112247j:plain

この映画の予告編を見ると、検事(チョ・スンウ)とチンピラ(イ・ビョンホン)が手を組んで巨悪と戦うというイメージだったのですが、なかなか手を組まないのです。

 

それぞれの背景を描く上では必要な時間ではありますが、ちょっと長かったのではないでしょうか。

それに圧倒的にイ・ビョンホンの存在感が強すぎるのでチョ・スンウの部分が弱くなってしまい、結果的にちょっと退屈になってしまう部分がありました。

 

2人が手を組んでからは一気に面白さが加速していきます。それまでちょっと我慢が必要かと思います。

 

 

 

 

 

こんな性接待は嫌だ

この映画では、韓国社会の闇を描いています。

政治家や大企業の社長、マスコミ、警察など組織のトップが裏で繋がっているのです。

だからこそ真実を明らかにするには明確な証拠が必要であり、それがこの映画の肝になっています。

 

その権力者達のずぶずぶに繋がっている描き方として性接待をしているシーンがたびたび登場するのですが、これが余りにも下品!

 

裸の女性を両脇に座らせて酒を飲んでいるのですが、その中で自分たちのイチモツを使って遊んでいるのです。

正直言って、こんな接待は全然嬉しくないけどなー、と思いながら観てました。

 

下記の写真の男性も真面目な顔してイチモツ丸出しになります。
この人が劇中でイ・ビョンホンが兄貴と慕っている人です。

f:id:keshigomu-kk:20160913112312j:plain

 

 

 

 

ラストのどんでん返しが面白い 

f:id:keshigomu-kk:20160913112328j:plain

 

後半からラストにかけての展開は本当にスリリングで、満足のいくものでした。

どうなるの?疑問に思った事をちゃん納得のいく形で終結させているところは見事だったと思います。

 

 

 

まとめ

久々の韓国映画でしたが、すごく楽しめました。
なんと言ってもイ・ビョンホンの存在感が抜群だったのではないでしょうか。

韓国映画のエグい部分に娯楽性を足した印象の映画です。

観るDVDに迷っていたらこちらをオススメしたいですね。

 

 

では、またどこかで。

 

 

 

 

 

 こんな記事も書いています。

 

 

keshigomu-kk.hatenablog.com

 

 

keshigomu-kk.hatenablog.com

 

 

keshigomu-kk.hatenablog.com