読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

消しゴムBlog

ようこそ!「消しゴムBlog」へ

Ordinary People

普通であることの勇気を持とう

映画「高慢と偏見とゾンビ」 恋やらソンビとの戦闘やらで大忙しの映画

映画「高慢と偏見とゾンビ」を観ました。

普段ソンビものはあまり好んで観ないのですが今回は「高慢と偏見」にソンビ要素を加えているという事で興味をそそられました。

正直タイトルで出落ち感があるので、あまり期待はしていなかったのですが意外に楽しめましたよ。

 

f:id:keshigomu-kk:20160901160028j:plain

【映画情報】

タイトル:高慢と偏見とゾンビ

監督:バー・スティアーズ

出演:リリー・ジェームズサム・ライリーベラ・ヒースコート、ダグラス・ブース

日本公開:2016年9月30日

上映時間:108分

 

ジェーン・オースティンの恋愛小説「高慢と偏見」にゾンビ要素を加えて、大胆にアレンジした作品となっております。

 

私は原作を知らないのですが、以前に映画化した「プライドと偏見」は観ております。あまり詳しく覚えてないのですが、本作を観て少し思い出しました。

という事は

わりと原作に忠実であるのかなと思います。

 

特に、恋に落ちているのに家柄を気にしたりして、素直になれずにクソ丁寧な言葉の応酬でケンカしているところはこの原作の魅力なのかと思います。

そこにゾンビ要素がたくさん入っているので退屈はしないです。

 


「高慢と偏見とゾンビ」予告編

 

 

簡単なあらすじ

感染するとゾンビとなる謎のウィルスが蔓延する18世紀のイギリス。
片田舎でくらすベネット家の5人姉妹は、裕福な男性との結婚を夢見ながら得意のカンフーでソンビと戦う毎日を送っていた。ある日、屋敷の隣に資産家のビングリーが引っ越してきて、ビングリーの友人で大富豪の騎士ダーシーも出入りするようになる。舞踏会でダーシーと知り合い、色めきだつ姉妹だったが、次女のエリザベスだけは、ダーシーの高慢な態度に嫌悪感を抱いていた。そんな中、人類とゾンビによる最終戦争が勃発。ともに戦うことになったエリザベスとダーシーは、互いに自らの中で抱いていた偏見に気づきはじめる。(引用:映画.com) 

 

 

 

 

ゾンビとのバトルがかっこいい

f:id:keshigomu-kk:20161001174752j:plain

http://eiga.com/movie/81859/gallery/

 

序盤に5姉妹がゾンビと戦うシーンがあるのですが、なかなかセクシーでエキサイティングです。
中世のドレスを身にまとった美しい女性がソンビを次々に倒していくなんて、それだけで興奮します。

 

高慢と偏見」をアレンジしているからといっても、想像していたよりもソンビとの戦いの分量は多いなと感じました。

普通に恋愛の場面かと思いきや、突然ソンビが襲ってきたりするので、常にドキドキしてしまいます。

これはソンビ映画が好きな人が観に行っても損はないのではと思います。

 

 

 

 

恋愛もしっかりと描く

f:id:keshigomu-kk:20161001174818j:plain

http://eiga.com/movie/81859/gallery/2/

 

原案としている「高慢と偏見」の恋愛要素もしっかりと入っております。
なかなか素直になれない2人の恋の行方も気になるところです。

ゾンビが登場する世界とはいえ、中世の時代はそのまま反映されており、言葉使いや仕草なども忠実なのかなと思わせる演出でした。

 

 

 

 

 

大雑把なところは目をつむろう 

けっこう雑になっているところは、結構ありますが、そこはあまり気にせずに楽しんだほうがいいかと思います。

それでも「やっぱり雑だったなー」という箇所を言ってしまうと

 

「ゾンビの強さが曖昧、基本は弱いと思うのですが、前半は結構強そうなんですよね」

 

「クライマックスのシーンはもっとハラハラドキドキの演出にして欲しかった」

 

「回収できてない事多すぎないか?四騎士は出る意味あった?」

 

などです。

 

「大胆にアレンジ」とは宣伝してますが、言い換えると話の整合性は取れてないって事だと思います。

 

 

 

まとめ

ハラハラドキドキしながら、それなり楽しめるのでデートにはいいかもしれないですよ。ソンビが出てきるところは不気味で怖いし楽しめると思います。

 

 

 

では、またどこかで。

 

 

 

ちなみにソンビ要素のない「プライドと偏見」もけっこうオススメです。

プライドと偏見 (字幕版)
 

 

 

 

こんな記事も書いています。

 

keshigomu-kk.hatenablog.com

 

keshigomu-kk.hatenablog.com

  

keshigomu-kk.hatenablog.com

 

 

keshigomu-kk.hatenablog.com