読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

消しゴムBlog

ようこそ!「消しゴムBlog」へ

Ordinary People

普通であることの勇気を持とう

映画「疑惑のチャンピオン」間違っていても1ミリもブレない男がここにいた。

映画「疑惑のチャンピオン」を觀ました。
ツールドフランスを7連覇した後にドーピング発覚で全ての名誉を剥奪された男「ランス・アームストロング」が描かれています。
実際のツール・ド・フランスの映像が使われていたり、リアルにその人を描いているように感じました。

f:id:keshigomu-kk:20170302112545j:plain

 

【映画情報】

監督:スティーブン・フリアーズ

出演:ベン・フォスター、クリス・オダウド、ギョーム・カネ

公開:2016年7月

上映時間:103分

 

 

あらすじ

25歳で発症したガンを克服後、「ツール・ド・フランス」で7年連続総合優勝の偉業を達成したランス・アームストロング。ガンで苦しむ多くの人々に勇気を与え、競技以外ではガン患者を支援する慈善活動に尽力するアームストロングは、人々から賞賛を集める、まさにスーパーヒーローだった。しかし、1人のジャーナリストの追求により、アームストロングの衝撃の事実が次々と明らかとなる。(引用:映画.com)

 

 

「疑惑のチャンピオン」予告編

 

 

勝利への底なしの欲望

f:id:keshigomu-kk:20170319230136j:plain

http://eiga.com/movie/83687/gallery/5/

 

上記の言葉は本映画のキャッチコピーです。これがまさにランスの生き様を表している。とくかく勝ちたいという欲求が強い。アスリートならば当然の事だけど、その為には手段を選ばないという事がこの人の心理なのではないかと思える。

「ドーピング?何が悪い?勝ちたいのだから当然だ!」という断固たる意思を感じましたよ。

でも失格になったら元も子もないので巧みにドーピング逃れをやるところには大きな矛盾を感じてしまう。でも本人は何も罪悪感を感じてない。ほんとにブレない男です。

 

 

偽物でも与えられる勇気

ランス・アームストロングという人間については、映画を見ている人間からすれば間違った人間だとすぐに分かるし、そういう描き方がされています。

でもドーピングが明るみに出る前までは、ツール・ド・フランスで大活躍していて、しかもガンから復帰したという不屈のスーパースターだったので、彼の言動に多くの勇気をもらったガン患者はたくさん居たのではないだろうか?多分、彼の勝利を励みにガンを克服した人もいるかもしれない。

そういう部分は少しだけど描かれていて、考えさせたれる部分でした。たとえ偽物だったかもしれないが与えられた勇気は本物になりえるんだと複雑な事を考えさせられます。 

 

 

やっぱり駄目でしょ

f:id:keshigomu-kk:20170319230159j:plain

http://eiga.com/movie/83687/gallery/2/

 

それでもやっぱり駄目だなーと思ったのは、ドーピングが明るみに出そうになった時にジャーナリストや新聞社を徹底的に潰そうとしたところ。

その姿を見ていると純粋に勝利を求めているわけではなくて、ただ名声が欲しいだけだったのかな?と思ってしまう。

それにしてもツール・ド・フランスを7連覇して注目度がどんどん上がっていくにも関わらず、自分はドーピング検査では絶対に陽性は出ないという鉄の自信というかハートの強さは絶対に真似出来ないなと感じました。

私だったらビクビクしてすぐカミングアウトしてしまいそうです。

 

 

 

まとめ

個人的にはこういう考えさせられる映画は好きだし、レースシーンも迫力があってよかったけど、もう少し深く描かれてもよかったのかなと感じました。特に彼が与えたものは何だったのか?をもう少し見せてほしかったと思う。

逆にいうと100分くらいの映画なので「ちょっと見たいかも?」と思った人でも気軽に見れるとので興味のある方はご覧ください。 

 

 

 

 では、またどこかで。