消しゴムBlog

ようこそ!「消しゴムBlog」へ

Ordinary People

普通であることの勇気を持とう

2019年2月_観た映画をいろいろ紹介

2019年2月に観た映画を紹介します。

すでに3月になってしまっておりますが・・・

基本的には、DVD・配信系です。

 

 

スリー・ビルボード

淡々と描かれているのにすごい展開に目が離せない!

これって、事実があるのだろうか?無しでこの物語を描けていたら本当に天才である。

ちなみに片田舎の話なんですが、普通に日本にも置き換えられそうな感じがした。

あと、ウッディ・ハレルソンの存在感がすごい!

 

 

 

ハドソン川の奇跡

今更見たという感じではあるが・・・それは置といて。

いい映画だと思う。地味で静かな映画ではあるけれど、ほんとに主人公の心情が丁寧に描かれていて、少ししか見せない回想や台詞だけで、彼の人生を想像させられる。

とにかく細かい描写が光った映画だった。エンタメ要素は低し。

 

 

 

未来のミライ

未来のミライ

未来のミライ

 

 想像してたのとは違った。

勝手にもっとスペクタルな内容だと思い込んでいた。「未来から妹がやって来た!」という事だけで、きっと何か巨大な敵と戦うのだろうと脳内でストーリーを作り上げてしまっていた。

実際は、妹が出来てしまった主人公「くんちゃん」の心の成長物語。
ちょっと退屈だったかな。

物語は「くんちゃん」目線の作りになっているけど、どうしても「くんちゃん」を客観的に見てしまうのでなかなか入り込めなった。

 

 

 

泥棒成金

泥棒成金 (字幕版)

泥棒成金 (字幕版)

 

ヒッチコックの映画です。

常連役者であるケイリー・グラントグレース・ケリーの主演作。

かなりヒッチコック映画は結構好きで色々見ているのですが、これは見てなかった。
期待しすぎたのか?いつもの切れ味を感じさせない展開にちょっとがっかりだった。

「昔泥棒だった男が自分の手口とそっくりな犯行手口の事件が起こり巻き込まれていくという物語」で、つかみとしては面白そうだったが、全体的にスピード感がなく引き込まれなかった。

あとで色んなレビューを読むとグレース・ケリーの美しさばかり褒められていた。確かにそうだけど・・・・。

 

 

 

まとめ

 上記の中でのおすすめは「スリー・ビルボード」です。

なかなか派手さがなくて、どんな内容かと想像しにくいからちょっと埋もれてしまいそうですが、見て損はしないですね。

逆に「未来のミライ」は話題になったけど、実際の中身はそれほどでもないかなと思います。

 

そんなところです。
とにかくもっと鑑賞映画を増やして、もっと早めに書かないとね。

 

では、またどこかで。