消しゴムBlog

ようこそ!「消しゴムBlog」へ

Ordinary People

普通であることの勇気を持とう

2019年7月_観た映画をいろいろ紹介

2019年7月に観た映画をいろいろと紹介します。

特にジャンルなど気にせずに、ランダムに観てます。 

  

ミックス。

ミックス。

ミックス。

 

監督:石川淳一

脚本:古沢良太

主演:新垣結衣瑛太

特に印象に残る事の無い映画だった。
あまりにも軽過ぎる内容。
コメディーなんだけど、ちっとも笑える箇所がない・・・・。
日本のコメディーは欧米のようにならないのが残念で仕方ない。
さらに残念なのが、豪華なキャストを使っているのに全然活かせて無いところ。
無理やり色々収めようとする脚本もご都合過ぎ。

 

 

2ガンズ

2ガンズ (吹替版)

2ガンズ (吹替版)

 

監督:バルタザール・コルマウクル

主演:デンゼル・ワシントンマーク・ウォールバーグ

見事なガンアクション映画。
サスペンス要素で話を引っ張りつつ、随所に見応えのあるガンアクションを散りばめてあり、退屈しない。
デンゼルとウォールバーグの掛け合いが面白い。豪華な共演である。
2013年の公開だが古いが全く古さを感じさせない映画である。
是非オススメしたい。

 

 

 

いぬやしき

いぬやしき

いぬやしき

 

監督:佐藤信

主演:木梨憲武佐藤健

アクションシーンが面白かった。
ただそれ以外のシーンはテンポが悪くて、早く戦えと!とつい思ってしまう。
もう少しテンポ良く描けていれば、すごく良くなっていたと思う。
原作のテンポもこんな感じなので、原作に忠実ではあるけど・・・
映画は2時間でまとめないといけないので、その辺のアレンジは必要だと思う。 

 

 

 

ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男 

監督:ジョー・ライト

主演:ゲイリー・オールドマン

芝居はすごく良かったと思う。
もっとヒロイックな感じを想像していたのが、あだとなり後半まで少々退屈だった。
首相と言えども、一人の人間であると教えてくれる映画だった。
全体的にずっと暗めの映像で進むので眠くなってしまう。
英国王のスピーチ」「ダンケルク」を知っているとまた違う側面を知ることができる。

 

 

ピクセル

ピクセル (字幕版)

ピクセル (字幕版)

 

監督:クリス・コロンバス

主演:アダム・サンドラー

「ゲームのキャラが地球侵略にやってくる!」という発想は面白いが、それ以外はよくある地球を救うパターンになってしまっていて残念だった。
もう少し工夫が欲しい感じだった。

 

 

まとめ

 おすすめは「2ガンズ」です!

 

 

 

では、またどこかで。