消しゴムBlog

ようこそ!「消しゴムBlog」へ

Ordinary People

普通であることの勇気を持とう

2019年_9月に観た映画

2019年9月に観た映画をいろいろと紹介します。

 

アイアムアヒーロー

主演:大泉洋

監督:佐藤信

単純に面白かった。ゾンビものは普段見ないジャンルだから避けていたけど、もっと早く観ておけば良かったと思う。日本の映画でもちゃんと撮れるんだと考えを改めた。
つまらないと決めつめてしまっていました。

驚かせたり、怖がらせたりする描写が、すごく判りやすく基本に忠実な演出といった感じ。だけとそこがすぐく重要。

原作は少し読んでるだけなので、多分だけど・・・けっこう映画用にアレンジされているような気がする。
そのアレンジが上手く、ちゃんと映画としてのストーリーが成り立っているので映画化の成功例ではないかと思う(原作ファンは嫌がるかもしれないけど)
クライマックスの戦いはなかなか見応えがあり、日本のゾンビ映画も捨てたものではないと思わせるくらいに楽しめた。

 

 

アメリカン・スナイパー

主演:ブラッドリー・クーパー

監督:クリント・イーストウッド 

重い重い重い映画だった。
見終わって思う事と言えば、戦争の虚しさだった。
こんな感想を十分もたらしてくれるイーストウッドの演出は素晴らしいの一言。
エンタメ要素は一切ないので、ご注意を。

 

 

グッドモーニングショー

グッドモーニングショー

グッドモーニングショー

 

主演:中井貴一

監督:君塚良一

想像していたよりも3倍くらいは面白かった!
よくあるTVドラマな映画かと思っていたが全然違っていた。冒頭こそ少しまったりするが、それ以外は全てテンポ良くて退屈しない。
やっぱり中井貴一のキャラが面白くて芝居も面白い。
たかがワイドショー、されどワイドショーという感じで客観的にバカにしつつも真摯に描いている。
軽いノリが好きな人にはオススメしたい。

 

 

カリートの道

カリートの道 (字幕版)

カリートの道 (字幕版)

 

主演: アル・パチーノ

監督:ブライアン・デ・パルマ

刑務所帰りのマヒィアを描いた映画。
もう静かに暮らしたいと思いながらも、昔のしがらみから、そうさせてもらえないという話。自分自身も昔のプライドを上手くコントール出来なくて、なるようにしかならない。
前半は少し退屈するが、途中からかなり楽しめた。
ショーンペンが面白い役になっている。

 

 

ザ・シークレットマン

ザ・シークレットマン [Blu-ray]

ザ・シークレットマン [Blu-ray]

 

 主演:リーアム・ニーソン

 監督:ピーター・ランデマンズ

難し過ぎた。予備知識がない状態で見ると何をしてるのか全くついていけない。
陰謀に対して陰謀で返すという状況がずっと続く。
しかし派手な出来事などはなく静かに進む。
何となく雰囲気は思わせぶりなので最後までは見れた。

やはり何の予備知識や背景を知らなくても、それを端的に説明する優しさはあってもいいかなと思う。

 

破門 ふたりのヤクビョーガミ 

破門 ふたりのヤクビョーガミ 豪華版(初回限定生産) [DVD]
 

主演:佐々木蔵之介・横山

監督:小林聖太郎

惜しい映画。割と面白かったけど、もっと面白くなる可能性があると思う。
ヤクザとカタギのコンビ話だが、カタギの男がはっきりしない。
多分、原作通りなのかと思うが、もっとキャラをはっきりとした方が面白くなったと思う。

ヘタレならヘタレであると思いっきり振って良かったと思う。

 

 

まとめ

オススメは「グッドモーニングショー」ですね。

予想より楽しめた!軽いノリが好きな人にはオススメです。

 

 

 

では、またどこかで。